about

News

  • 画像_新宿 ライブハウス DUG

    2017/05/03

    新宿(東京)のライブハウスと音楽の歴史 Pt.1

     

    ・2017/5/3投稿 ・2018/7/8リライト済

    新宿のライブハウス グラムシュタインのMazaharuです。

    「新宿(東京)のライブハウスと音楽の歴史 Pt.1」と題し、
    今回は1950~1960年代の新宿の音楽の歴史について書きます。
    (この頃はまだ、いわゆるライブハウスはまだほとんどありません。)


    ■1950年代


    ・歌声喫茶

    歌声喫茶は主にアコーディオン、バイオリン、ギターの生演奏に合わせて
    客全員が歌うことを想定した喫茶店で、戦後、労働運動や学生運動の高まりと共に
    人々の連帯感を生む歌声喫茶(うたごえきっさ)が台頭する。
    新宿に今でもあるカチューシャや灯(ともしび)も含め、最盛期には全国で100軒以上の店があった。
    看板的存在であるリーダーの中にはプロの歌手として
    デビューした方もいた(ex.さとう宗幸、上条恒彦)。


    ・ロックの誕生

    1955年にビル・ヘイリーと彼のコメッツが映画「暴力教室」のテーマ曲として
    「ロック・アラウンド・ザ・クロック」を発表。
    全米チャート連続8週ナンバーワンとなり、新しい音楽「ロック(ンロール)」の幕開けとなる。

    画像_新宿 ライブハウス The-Beatles

    ■1960年代


    ・ザ・ビートルズ

    1962年にビートルズがイギリスでデビュー。彼らが日本の音楽シーンに与えた影響は大きい。
    1967年頃から流行するGS(グループ・サウンズ)はそれの最たる例である。
    まだロックバンドが市民権を得ていなかった為、バンドマン=不良という認識が強かった。
    1966年にビートルズが来日し武道館公演を行う(6/30~7/2)。
    音楽ライブで武道館を利用するのは前代未聞だったこともあり、
    来日と武道館公演に抗議する右翼団体の猛烈なバッシングがあり混乱となる。


    ・ジャズ喫茶、名曲喫茶

    文学や絵画などの芸術と共にモダンジャズが流行し、それによりジャズ喫茶が台頭する。
    ジャズ喫茶は主にジャズのSP・LPレコードをかけ、客は鑑賞を目的として来店する形の喫茶店。
    昭和初期からあったが、戦争により消滅し、1950年代に再開、1960年代に隆盛を迎える。
    当時の大卒初任給が1万5000円前後だったの対し、レコードは輸入盤LPが3000~3500円、
    国内盤LPが2000円前後もする大変高価なものだったので、
    若者たちが一杯100円程度のコーヒーで、より沢山のレコードに触れることができるジャズ喫茶へ
    足を運ぶことになり、隆盛を極め、最高に刺激的な空間となった。

    「風月堂」「DIG(ディグ)」「DUG」「PONY」「ヴィレッジ・ゲート」「タロー」「木馬」などが有名で、
    今をときめく数々の文化人も通っていた。

    特に新宿風月堂は文化拠点として1960年頃から1970年代前半の時代の象徴的な存在だった
    (ex.滝口修造、白石かずこ、谷川俊太郎、寺山修司、三国連太郎、岸田今日子、天本英世等がリピート来店)

    「新宿 PIT INN(ex.日野皓正や渡辺貞夫も出演)」はジャズ系ライブハウスとして今も新宿にある。

    今では想像がつきにくいが、当時の新宿の喫茶店というは音楽の発信地として重要な存在だった。


    ・新宿ゴールデン街、新宿2丁目

    この頃の新宿ゴールデン街、新宿2丁目は文化の発信地として機能しており、多くの若き芸能人や文化人の社交場となっていた。

    1968年 ライブハウス 新宿ヘッドパワーがオープン

    1969年 雑誌「ヤング・ギター」創刊。フォーク・ブームが起きる。
    新宿のライブハウスがおもしろ過ぎる!


    ライブハウス「新宿グラムシュタイン」

    住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
    電話:03-6380-2517

  • 画像 新宿 ライブハウス つつじ

    2018/05/05

    東新宿・新大久保・大久保(新宿)の見どころ!

     

    ・2018/5/5投稿 ・2018/7/11リライト済

    新宿のライブハウス グラムシュタインのMazaharuです。

    グラムシュタインは東新宿駅・新大久保駅・大久保駅が近く、新宿駅も歩けないことはありません。

    ライブの前後の時間にお暇があれば立ち寄ってはいかがでしょうか、ということで独断でお店さんなどをご紹介します。

     

    ■楽器店・音楽スタジオ・ライブハウス(新宿区百人町):

    大久保駅・新大久保駅がある百人町は、大昔はアコースティックの楽器店が多くあり、

    日本人・ドイツ人のミュージシャンが多く住んでいたそうです。

    現在でもまだ残っている所があり、目立つ所では、新大久保駅を出て左に曲がり、線路沿いの脇道を入ると何店舗かあり、クロサワ楽器の日本総本店さんもここにあります。

    その他もゆっくり歩いて看板を見ていくと、大久保通り沿いや、ちょっとした裏道にちょいちょいあります。

    音楽スタジオとライブハウスもこの地域にいくつかあります。

     
    ■つつじ

    江戸時代、大久保には百人町の名前の由来である「鉄砲組百人隊」が住んでおり、

    平和で戦いが少なく、副業としてつつじの栽培を始めました。

    その後、大久保はつつじの名所としなり有名になっていったそうです。大久保駅付近にはそれらの面影が残っており、大久保駅の高架下に壁画があります。また毎年4月には「大久保つつじ祭り」が新大久保駅付近にある皆中稲荷神社で行われています。


    「ろくろ首」で有名な小泉八雲記念公園(新宿区大久保1-7):

    小泉八雲さんは1850年ギリシャ生まれの日本大好きの小説家で「ろくろ首」「雪女」「耳なし芳一」などを書いた方です。

    最後に住んでいた家が大久保にあった関係で記念公園があります。ギリシャ生まれの為か、神殿のような柱があったり、庭園(整備が行き届いてない所もありますが)があり、美しいです。職安通りからすしざんまいさんの脇道を入ります。


    島崎藤村旧居跡(新宿区歌舞伎町2-4)

    島崎藤村さんは1872年生まれの詩人・小説家で1905年から1年半ぐらいここに住んでいたそうで石碑があります。

    東新宿のタリーズコーヒーさんの並びぐらいです。  


    居酒屋 Ribuji(リブジ) ※休業中

    https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB108/100001324234/

    夜は居酒屋さん、昼は定食屋さんです。

    大山鶏(ex.鳥取県)がウリで、基本的には何でもおいしく、オススメはとり天です!


    居酒屋 モッツマン(新宿区新宿7/27-24)

    https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB108/100001168205/

    焼き鳥・モツ焼き店さんで基本的には何でもおいしく、オススメは串モノです!


    韓国料理 でりかおんどる(新宿区百人町1-3-20)

    https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB108/100000056875/

    韓国料理店は沢山あるので「ここ!」と言えるほど詳しくありませんが、

    おんどるさんは有名ですし、やはり美味しかったです。


    カフェ(ファミレス) サイゼリヤ(新宿区大久保2-5-22)

    https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13160734/

    グラムシュタインに入るまでの待機やアフターの待ち合わせも含め、お食事・お茶など様々な用途で使え、

    しかもすぐ近く&激安です。


    買い物 ドン・キホーテ

    http://www.donki.com/store/shop_detail.php?shop_id=378

     

    http://www.donki.com/store/shop_detail.php?shop_id=502

     

    http://www.donki.com/store/shop_detail.php?shop_id=8

    ドン・キホーテさんは3店舗あり、明宿明治通り店さんのほうが近いです。


    パワースポット 夫婦木神社(新宿区大久保2-27-18)

    縁結びの神様が祀られている神社です。とても小さくて不思議な感じですが凄いパワーがあるとのこと。


    ライブハウス「新宿グラムシュタイン」

    住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
    電話:03-6380-2517

  • 画像 新宿 ライブハウス ヴォーカルライブ

    2018/06/12

    ライブ講座・オケライブでの注意点・まずは新宿のライブハウスから「草の根運動」


    ・2018/6/12投稿 ・2018/7/30リライト済
    新宿のライブハウス グラムシュタインのMazaharuです。

    先日、新宿ライブハウス界のカリスマ、佐藤boone学@四谷アウトブレイク店長
    https://twitter.com/boone4649

    のツイートに共感しリツイートさせて頂きました。

    https://twitter.com/glamstein

    「CDカラオケ音源でライブやる皆様、是非一読を!!」

    http://www.boone4649.work/entry/2018/06/10/165525


    オケでライブを行う演者さんは、、、

    ①音源はCD(CDR)で1枚に曲順通りにまとめ

    ②曲順表(セットリスト)には
    ・1曲目が始まるキッカケ(音先か、板付きか)と
    ・2曲目からは各曲が始まるキッカケ(続けて流すか、曲振りするか)
    を書いて下さい。

    まずは新宿のライブハウス界隈だけはこれを常識にしたいので、この「草の根運動」により

    みんなでライブハウスの底上げをして、お客さんを喜ばせましょう!


    ライブハウス「新宿グラムシュタイン」

    住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
    電話:03-6380-2517

  • 画像 新宿 ライブハウス 金貨

    2018/08/16

    新宿グラムシュタインの金貨を再生産しました!

     

    画像 新宿 ライブハウス 金貨
    新宿のライブハウス グラムシュタインのMazaharuです。

    数年前に初回生産したグラムシュタイン特製の金貨を再生産しました。

    1ドリンクのドリンク引き換えコインとしてお渡ししています。

    ご来店の際に是非見てみて下さい。

     

    ライブハウス「新宿グラムシュタイン」

    住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
    電話:03-6380-2517

  • 画像_新宿 ライブハウス グレイテスト・ショーマン

    2018/03/03

    ミュージカル 映画『グレイテスト・ショーマン』を新宿で観た!

     

    ・2018/3/3投稿・2018/07/9リライト済

    新宿のライブハウス グラムシュタインのMazaharuです。

    ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』を新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3-15-15)で観てきました!

    映画は19世紀に活躍した興行家 P・T・バーナムの成功を描いた物語

    ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」で主人公ジャン・バルジャン役を演じた、ヒュー・ジャックマン主演

    オープニングの「The Greatest Show(ザ・グレイテスト・ショー)」のカッコ良さや

    スウェーデンのオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)の

    「NEVER ENOUGH(ネヴァー・イナフ)」の感動の歌詞なと見どころ満載です!

    半生をフリークとして扱われた人々が解放されていく過程や
    P・T・バーナムの失敗を恐れない成り上がりの人生など身に染みるシーンも詰め込まれています。

    今も思い出せるのは

    「欲張らないで!少しの善人だけで十分幸せ」というセリフ
    「(成功者なのに)いつも満たされない」人がいるという場面 
    また、「かごの鳥にいる金持ち」と「貧乏人の成り上がり」はどっちが不幸なのかと自分に問いかけたこと
    です。


    この映画を見て思った「幸せの条件」は

    1:健康である
    2:ときめき・生き甲斐・やり甲斐がある

    3:人との繋がりがある(友達がいる)
    4:時間がある

    5:お金がある
    でした。


    ライブハウス「新宿グラムシュタイン」

    住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
    電話:03-6380-2517

  • 画像 新宿 ライブハウス 千と千尋の神隠し

    2018/11/03

    「七人の侍」イギリスBBC放送が発表!

     

    画像 新宿 ライブハウス 七人の侍
    新宿のライブハウス グラムシュタインのMazaharuです。

     

    イギリスのBBC放送が「最も偉大な非英語圏映画 TOP100」

    http://amass.jp/112850/

     

    を発表し、世界43ヵ国の映画評論家209人へのアンケートを実施。

     

    その中で1位に選ばれたのは黒澤明監督の「七人の侍」だそうです。

     

    日本びいきの自分は早速その100本を確認しましたら

     

    浮雲(1955年 監督: 成瀬巳喜男 原作:林芙美子)

     

    二十四時間の情事(1959年 日本・フランス合作)

     

    残菊物語(1939年 監督:溝口健二 原作:村松梢風)

     

    乱(1985年 監督:黒澤明 原作:リア王)

     

    生きる(1952年 監督:黒澤明 原作:レフ・トルストイ)

     

    雨月物語(1953年 監督:溝口健二 原作:上田秋成、辻久一)

     

    山椒大夫(1954年 監督:溝口健二 原作:森鴎外)

     

    晩春(1949年 監督:小津安二郎 原作:広津和郎)

     

    千と千尋の神隠し(2001年 監督:宮崎駿)

     

    羅生門(1950年 監督:黒澤明 原作:芥川龍之介)

     

    東京物語(1953年 監督:小津安二郎 脚本:小津安二郎、 野田高梧)

     

    七人の侍(1954年 監督:黒澤明)

     

    と12作品がランキングに入っていました。

    画像 新宿 ライブハウス 千と千尋の神隠し

    たまたまかもしれませんが戦後10年ぐらいの時期の作品が多いですね。

     

    他はフランス、イタリア、ドイツ、中国、香港、韓国、ソビエト、スウェーデンなどが多かったです。

     

    映画が生まれてから約120年ですが、初期のサイレント映画もランクインしています。

     

    時間を作って全部見てみたいです!

     

    ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
    住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
    電話:03-6380-2517

  • 画像 新宿 ライブハウス 玉置浩二 メロディー

    2018/10/05

    「歌詞を噛みしめてしまう」今日の1曲

     

    新宿のライブハウス グラムシュタインのMazaharuです。

    今日は「体がゾクッとなる」この曲をご紹介します。

    玉置浩二さんの1996年頃のシングル。

    当時はそんなには売れなかったと聞きますが
    新宿界隈のライブハウスでは今でも歌ってる方は多いのではないでしょうか。

    コードが美しい!

    歌がうま過ぎる!

    でも1番は

    グッとくる歌詞!

    だと思います。

     

    音楽に対して

    「いつも優しくしてくれてありがとう!」

    という感謝の気持ちを表したかったと仰っています。

    玉置浩二 / メロディー

     

    あんなにも 好きだった
    きみがいた この町に
    いまもまだ 大好きな
    あの歌は 聞こえてるよ


    いつもやさしくて 少しさみしくて


    あの頃は なにもなくて
    それだって 楽しくやったよ


    メロディー 泣きながら
    ぼくたちは 幸せを 見つめてたよ


    なつかしい この店の
    すみっこに 置いてある
    寄せ書きの はじのほう
    きみと書いた ピースマーク


    みんな集まって 泣いて歌ってたね


    あの頃は なにもなくて
    それだって 楽しくやったよ


    メロディー いつのまに
    大切な ものなくした


    あの頃は なにもなくて
    それだって 楽しくやったよ

    メロディー 泣きながら
    遠い空 流されても

    きみのこと 忘れないよ
    いつだって 楽しくやったよ

    メロディー 泣かないで
    あの歌は 心から 聞こえてるよ

     

    ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
    住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
    電話:03-6380-2517

  • 画像 新宿 ライブハウス Rolling Stones

    2018/09/28

    「体がゾクッとなる」今日の1曲

     

    新宿のライブハウス グラムシュタインのMazaharuです。

     

    今日は「体がゾクッとなる」この曲をご紹介します。

    画像 新宿 ライブハウス Rolling Stones

    とにかくヴォーカルがすごい!

     

    特にいきなりイントロ0分09秒から声が凄すぎる!

     

    アングロサクソンとモンゴロイドの違いもあるのかもしれませんが

     

    なんでこんな声出せるんだ~って思います。

     

    ミックジャガーは全然イケメンとかじゃないのに

     

    昔からセクシーと言われる理由がだんだん分かってきます。

     

    おそらく彼以前にこんなヴォーカリストは白人ではいなかったのでは?

     

    新宿や東京のライブハウスでこんな声、聴いてみたい!

    Rolling Stones “If you can’t rock me”

     

    ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
    住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
    電話:03-6380-2517

1 2 3 4 5 6 7 8 9

Category

  • アバウト
  • ニュース
  • スケジュール

グラムシュタインは東京 新宿にある、ホールレンタル(貸切り)ができるライブハウスです。
お城を彷彿させるヨーロッパ調の鉄柵階段と赤絨毯のエントランスを抜けると、ブラックライトなどの照明で異空間を演出するラウンジがあります。
ステージには「グランドピアノ(撤去可)」と「ドラムセット」があり、「ピアノ弾き語り」も「バンドさんのライブ」も可能です。また高級ソファーがあり、着座で100名、スタンディングで200名の集客が可能です。プロジェクターによる巨大スクリーン映像も観れますので、ラウンジで迫力のある音と映像を楽しめます。ライブコンサート、ミュージカル、ダンスイベント、誕生日会、女子会、結婚式二次会、貸切パーティー、各種イベント等、レンタルホールとしてお使い頂けます。またおもちゃ、ゲームも設置しており、癒しのアミューズメント施設ともなっております。
アーティストの皆様、オーディエンスの皆様に楽しいお時間を過ごして頂くことをいつも心がけておりユニークなサービスで感動を作ります。

上へ