news

News

画像 新宿 ライブハウス Marshall TSL601
2018/04/30

音(音楽)にこだわる話

音(音楽)にこだわる話

 

 

新宿のライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。

自分はかつて音楽狂でした。学生時代は人と会う時とトイレの時以外はずっと音楽を聴いてました。

朝起きて音楽をかける、朝食は音楽が聴こえるところで、通学中はウォークマンで、授業中はイヤホンが先生に見えないように手で隠して、帰宅して音楽をかける、夕食は自分の部屋で音楽を聴きながら、風呂の時は脱衣場にスピーカーを寄せて、寝る時間も惜しんで、とにかくずっと聴いてました。

社会へ出てからも、音楽がない環境が苦しくて、音楽がある環境をいつも求めていました。

もしかしたらそれが今のこの仕事を選んだ理由かもしれません。とにかく昔から音への執着がハンパじゃなかった。

それが時間の経過と共に段々とその感覚が薄れていき普通の人になってきた感があります。

そして大人になって「こだわりって若気の至り?」と考え始め、悩んでいた時期もありましたが、また戻って来て

今のところ「好きなことは変態的にこだわる」ことは大事かなと改めて思っています。

例えばライブハウス 新宿グラムシュタインで言うと

「Marshall TSL601」というギターアンプがあり、もう長く使っているので買い替えても良いのですが、後継機種で良いものがなかなか出て来ないのと

所有したこのアンプ自体が当たりでとても良い歪み音が出るので手放さずにいます。

また「YAMAHA C-3」というグランドピアノがあり、月一程度で調律、年一でメンテナンスを行っていたり、

その他いろいろなところにこだわりがあります。

正直に言うと、それらはお客さん目線でやっていることではなく、自分がしたいからそうしている場合がほとんどです(すみません)。

その辺は音楽狂だった少年・青年時代の感覚に似ているのかもしれません。

 

夢をかなえるライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517
http://pladox.com

画像 新宿 ライブハウス Sexy Rhythm
2018/06/28

100% パーキング・エリア

100% パーキング・エリア


Smiley Face

Powerful Mind

Sweet Sweet Body

Sexy Rhythm

Parking Area

気まぐれCrazyと思われてるけど、そうじゃない

典型的なモラトリアム、シェルター探しに明け暮れてる訳でもない

ただ忘れたくない記憶を、ただ忘れないだけ

(誰でもきっとあるはず)

昔見た羽を、夢を、トリック無しの魔法を、力強さより優雅さを、忘れない

時の流れよりも早く頭を上げて、体を反応させて自分を勝ち取れ

公安も、FBIも、KGBも入れない、馴染んだ僕らの車はここに停めておく

Smiley Face

Powerful Mind

Sweet Sweet Body

Sexy Rhythm

Parking Area

どんな奴でも追い詰められると回路がショートしちまうらしい

(やらないよりずっとマシ)

扉を開けると一瞬にしてこの世界が変わるし、どこにいてもいつでも危険にさらされてる

僕らの命削り取る巨大な力から100%守ってくれるライフライン

警察も、CIAも、PTAも入れない、馴染んだ僕らの車はここに停めておく

Smiley Face

Powerful Mind

Sweet Sweet Body

Sexy Rhythm

Parking Area


<100%Parking Area>

■Lyrics:Hide&Mazaharu

■Composed:Mazaharu

2005

 

夢をかなえるライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517
http://pladox.com

画像 新宿 ライブハウス When I Get Home
2018/06/01

「マージー・ビートを感じる」今日の1曲

「マージー・ビートを感じる」今日の1曲

 

新宿のライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。今日の1曲は「マージー・ビートを感じる」この曲をご紹介します。

The Beatles  「When I Get Home」(ザ・ビートルズ「家に帰れば」)

「マージー・ビート」はリバプールを流れるマージー川を語源とし、ビートルズほかリバプール付近の出身の1960年代のバンドの総称として使われています(下北系みたいなニュアンス?)。


バッハ以降の音楽は

リズムがあって

ベースがあって

メロディーがあって

ハーモニーがあるものが王道ですが

 

この頃の音源は現代よりもリズムとベースが弱いのですが、逆にシャカシャカしたような音こそ「マージー・ビート」らしく感じます。

 

この曲はビートルズ全盛の1964年に発表されたサードアルバム「A Hard Day’s Night」に収録されています。

今改めて聴くと、名曲揃いのアルバムですが、その中でもこの曲はベスト盤や編集版など他のアルバムにあまり収録されているのを知りません。

ビートルズ・ファン以外には知られていない曲かもしれませんが、この機会に是非聴いてみて下さい。

 

対訳をしていらっしゃる方がいたので掲載させて頂きます。

http://omisoaji.com/The+Beatles+-+ビートルズ/【歌詞和訳】When+I+Get+Home+/+The+Beatles+-+ホエン+アイ+ゲット+ホーム+/+ビートルズ.html

 

最後に、アルバムでこの曲の後に続く「You Can’t Do That」も超カッコイイので続けて聴いてみて下さい。


後期と比べると、ジョン・レノンのロック・ボーカルが炸裂していますね!

 

夢をかなえるライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517
http://pladox.com

画像 新宿 ライブハウス out there
2018/04/23

「せつない気持ちになる」今日の1曲

「せつない気持ちになる」今日の1曲

 

新宿のライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。今日の1曲は「せつない気持ちになる」この曲をご紹介します。3分40秒からのエンディングを聴くと、自分は必ずせつなくなります。

https://www.youtube.com/watch?v=SgUKLG4jHi4

Marc Almond – Out There

 

このエンディングの一つ一つの音が最高なのですがその中でも特に

シンセ・ストリングスのオブリガートが最高に美しいと思います。

 

せつなくなる人は自分と感性が近い?
ならない人もいると思います(笑)

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517
http://pladox.com

画像_新宿 ライブハウス long_promised_road
2018/03/23

「背筋がジーンとなる」今日の1曲

「背筋がジーンとなる」今日の1曲

 

新宿のライブハウス グラムシュタインのMazaharuです。

今日の1曲は「背筋がジーンとなる」この曲をご紹介します。

1分20秒からのCメロを聴くと、自分はジーンとなります。

Carl Wilson(The Beach Boys)-Long Promised Road


ジーンとなる人は自分と感性が近い?

ならない人もいると思います(笑)

 

和訳していらっしゃる方がいたので掲載させて頂きます。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=115754&id=39862759

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517
http://pladox.com

画像_新宿 ライブハウス afraid
2018/03/25

「目が潤む/涙してしまう」今日の1曲

「目が潤む/涙してしまう」今日の1曲

 

新宿のライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。今日の1曲は「目が潤む/涙してしまう」この曲をご紹介します。

 

David Bowie – Afraid


楽曲もアレンジも素晴らしいですが歌詞を読むと感動が倍増し、涙してしまいます。

 

訳詞はこちらの方のものが素晴らしかったので引用させて頂きます。
https://blog.goo.ne.jp/isbstkyk/e/0d24bc3b8a9a508805caf18350dbe8b8

 

歌詞を読む前に自分がグッときたのは

「I believe in beatles(俺はビートルズを信じる)」でした。

 

そして歌詞を見て良いなと思ったのは2番の

「If I put faith in medication(もし俺が医療に信頼をおくなら)」

のところからのくだりです。

 

この曲で目が潤む人は自分と感性が近い?

(思い入れや好みもあるので)ならない人もいると思います(笑)

 

まだまだネバー・イナーフな方はこちらも是非聴いてみて下さい!

 

 

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517
http://pladox.com

Your Favorite Enemiesalbum_cover_deluxe
2016/06/02

カナダのバンド Your Favorite Enemies ニューアルバムリリース!

カナダのバンド Your Favorite Enemies ニューアルバムリリース!

 

新宿のライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。

カナダのバンド Your Favorite Enemies ニューアルバムリリースです!

タイトル:『Between Illness and Migration – Deluxe: Tokyo Sessions』

リリース日:6月17日(金)

YFEストア(バンド公式オンラインストア):
http://j.mp/TokyoSessionsJP

 

このニューアルバムは去る2015年11月に新宿グラムシュタイン(東京)で行った

コンサートでの体験からインスパイアされて作られており、

“Tokyo Sessions”というタイトルにもそれが表れています。

「アーティストとして本当の意味で自由に自分たちを表現できた、とても特別な経験だった」

とメンバーが語るように、グラムシュタインでの公演は

今現在の彼らの思考やサウンドに大きく影響した瞬間だったそうです。

是非お聴き下さい。

 

プロモビデオ1:
https://www.youtube.com/watch?v=3qlLgTHnNWI

プロモビデオ2:
https://www.youtube.com/watch?v=7uwKUEF0de0

 

夢をかなえるライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517
http://pladox.com

Category

  • アバウト
  • ニュース
  • スケジュール
上へ