news

News

DSC_1446
2017/09/02

「写真家チェ・ゲバラが見た世界」へ行ってきました!

ライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。

恵比寿ガーデンプレイスで行われた
「写真家チェ・ゲバラが見た世界」へ行ってきました!

http://che-guevara.jp/

チェ・ゲバラといえば新宿のライブハウスに行っても見かける

上段の顔のTシャツが有名ではないでしょうか。

DSC_1449

(中でも有名なのはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(アメリカのロックバンド)のTシャツと思われます。また、余談ですが、故ジョン・レノンは「あの頃、世界で一番かっこいいのがチェだった」と語っています。)

チェ・ゲバラは政治家、革命家、キューバのゲリラ指導者とされています。
アルゼンチン生まれなのにキューバ革命に携わっているのがちょっと不思議ですね。

 

■1928年
アルゼンチン生まれ
幼少の頃は喘息の為、学校へは満足に通うことができませんでした。
自宅療養中に、教育熱心な母親のもと、家にあった3000冊の蔵書を読破し、
19歳の時にブエノスアイレス大学医学部に進学し
自分のように病気で苦しむ人を救おうと医者を目指すのですが
想像していたよりも、退屈だったと感じ(自分が目指す人生ではないと感じ?)、
憂さ晴らしに1951年にラテンアメリカを放浪(初回)。

50年代のラテンアメリカでは貧困の差が大きな社会問題になっていました。
ゲバラは貧困の差をなくす方法はないのかと模索し始めます。

 

■1953年
ラテンアメリカを放浪(2度目)
ボリビアで革命を目撃し胸を打たれます。
その後、グアテマラで農地改革を目撃。この改革により、貧しかった農民も利益が得られるようになりましたが、これを面白くないと感じた(大損害を被った)アメリカ合衆国(元は合衆国の大企業)が支える軍事攻撃が起こり、農地改革をしたアルベンス政権は国外に逃亡。外国人であり改革を支えたゲバラもやむなく逃亡。

 

■1954年
メキシコへ向かい、キューバからの亡命者達と出逢う。同じく亡命者フィデル・カストロと出逢い、情熱的に巨悪と立ち向かうカストロの生き方に感銘を受け、反独裁闘争に従軍医として同行することを承諾。

 

■1956年
密航船であるグランマ号(10人乗りのヨットに82人)でキューバに上陸。
25ヶ月間におよぶゲリラ戦に従軍。

 

■1959年
バティスタが国外逃亡しキューバ革命成立。

 

■1965年
国際的な革命闘争に参加するためキューバを離れる。
アフリカ各地を歴訪し、コンゴでは一時的に闘争に参加。

 

■1966年
コンゴ動乱から引き揚げる。

ラテンアメリカに戻り、変装してボリビアへ。

 

■1967年10月8日
ボリビアのバジェグランデ近郊のイゲラ村の近くで捕えられ、大統領レネ・バリエントス・オルトゥーニョの命令で10月9日に処刑(銃殺刑)された。39歳没。

 

■1997年
死後30年目、ボリビアで遺骨が発掘され、ハバナに移送された。

 

今年は没後50年とのことで振り返ると
チェ・ゲバラは、人生を通して
常に自分のことよりも他人の幸せのことを第一に考えて
生き急いだことが分かります。

キューバでは
チェ・ゲバラは今でも英雄として街の至るところに肖像画があるそうです。

DSC_1445
また、昨年逝去したカストロはチェ・ゲバラに対して有り余るほどの敬意を払っていました。

50年経ってもチェ・ゲバラが救世主として世界的に認識されているのは
彼を超えるような存在が未だに現れていないからかもしれません。

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517

画像 新宿 ライブハウス アートアクアリウム1
2017/07/28

日本橋アートアクアリウム2017へ行ってきました。

日本橋アートアクアリウム2017へ行ってきました。

 

ライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。

日本橋三井ホールでのアートアクアリウム2017へ行ってきました。

http://artaquarium.jp/nihonbashi2017/

DSC_1347DSC_1384

東新宿~新宿三丁目~赤坂見附~三越前
と大好きな地下鉄を乗り継いで、、、

最初、先入観なしに見た時には
金魚なので中国のアートだと思ったのですが

実際は「江戸・金魚の涼」がテーマで
「江戸時代に日本橋で金魚が庶民文化として根付き、金魚を鑑賞して涼をとっていた文化を現代に蘇らせます。」
「会場コンセプトは“龍宮城”。」

「玉手箱をモチーフにした新作「タマテリウム」が登場」

「古き良き江戸情緒と現代のテクノロジーと金魚のコラボレーションを実現した水族アートの展覧会」

とありました。

約8,000匹の観賞魚がいるそうで広報大使は上戸彩さんとのことです。

DJブースでアンビエント(ヒーリング系)がかかっていたり

お酒の販売があったり

巨大プロジェクターのコラージュ的映像があったり

と見どころが満載でした!

是非見に行ってみて下さい。

 

 

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517

DSC_1170
2017/07/14

新宿グラムシュタインのステージが白くなりました!

新宿グラムシュタインのステージが白くなりました!

 

ライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。

新宿グラムシュタインのステージのカーテンが真っ白(ホワイト)になりました。
清潔感はもちろん、何よりも照明の色がよりハッキリと出るようになります。
もともと(グラムシュタインでメインで使用している)LEDのライトは

通常のパーカンよりも強い光なのですが

今回、カーテンが白(ホワイト)になったことで、

皆さんの期待により応えられるようになったと思います。
因みに2トーン(市松模様)のステージ床は健在です。

是非一度ご覧下さい!

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517

画像 新宿 ライブハウス 選挙
2017/06/26

東京都民なら(日本人なら)選挙に行こう!

東京都民なら(日本人なら)選挙に行こう!新宿のライブハウスへも行こう!(笑)

 

ライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。

7/2(日)は東京都議会議員選挙です。

http://www.h29togisen.metro.tokyo.jp/

 

行けない人は期日前投票期間が6/24(土)~7/1(土)ですので

是非行きましょう。

 

非難を覚悟で極論を言いますと

「今の世の中に満足している人」

は選挙に行かなくても良いです。

 

しかし

「今の世の中に満足していない人」

は選挙に必ず行かなければなりません。

 

皆さんこんな不満はありませんか。

 

「度重なる増税(消費税を含む)」

「貧困の為に学校へ行けない子供がいる」

「(口がきけない)動物の殺処分」

「(子供・お年寄り・女性など)社会的弱者への虐待」

「資源の無駄使い(日本の資源はほとんど輸入なのに)」

「電車でのマナーの悪さ」

「食べ残し(飢餓で苦しんでいる人が沢山いるのに)」

「ゴミのポイ捨て」

などなど

 

「誰に政治をやらせても、世の中は良くならない」

という風潮は間違いです。

 

以前のブログ

http://glamstein.syncl.jp/?p=diary&di=1088170

でも書きましたが

「日本の若者の投票率は約30%
北欧の若者の投票率は約80%」

です。

 

そして「選挙とは、いまの世の中の状況で、ろくでなしの中から

誰に税金を分配させたら相対的にマシになりそうか、
消去法で選ぶ行為のことだ。選挙とは要するに忍耐である」
というチャーチルの言葉があります。

 

「政治に関心がないから行かない」

では奴ら(政治家)の思うつぼです。

 

皆さんが愛する家族の未来の為に是非行きましょう!

 

誰に投票したら良いかが分からない人はネットやニュースなどで調べるのです。

 

あなたの不満・悲しみを和らげてくれそうな人(政党)へ入れるのです。

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517

画像 新宿 ライブハウス 小池都知事
2017/06/11

小池都知事 給与半減 新宿のライブハウスの未来は?

小池都知事 給与半減 新宿のライブハウスの未来は?

(2016/9/13著)

ライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。

小池百合子東京都知事は先日、

自身の給与を半減するための条例改正案を都議会定例会に提出する意向を示したそうです。

昨今「日本国民の住みやすい社会を!」などと言いつつも

国民の好待遇や税金の軽減等について具体的に行動する政治家はとても少ない世の中で

小池氏の志と行動力の素晴らしさは別格だと思います。

現在の小池氏の年収は2896万3480円。

これをなんと約1450万円にする方針とのことです。

元々の額も大きいですがそれにしても実に半額です。

もし半減された場合は年収1708万175円が支給されている都議の給与を約260万円下回ることになるので

127人の都議の報酬が知事を上回ることに、東京都民の厳しい視線が注がれるのは必至であり

そこが小池氏の狙いのようです。

私たち都民からするとこれまでの都議や知事の報酬が仕事量に対して多いのかどうかは分かりませんが

給与も含め、様々な東京都の予算は有効に使って欲しいものです。

肉体と同じように社会もダイエットをすれば

少々困っている人は困らなくなり、

とても困っている人も少しは解消されるはずです。

それにより人々が娯楽で使えるお金が増え

飛躍して言えば新宿のライブハウスでもお客さんや出演者さんも増える、

という図式です。

小池氏がトップを務める数年間で世の中がどのくらい良くなるのか注目しています。

 

PS:東京都は2020年の東京オリンピックの余波である2016年問題

https://ja.wikipedia.org/wiki/2016%E5%B9%B4%E5%95%8F%E9%A1%8C

へ向けて努力し続けています。新宿のライブハウスも頑張れっ!

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517

画像_新宿 ライブハウス DUG
2017/05/03

新宿(東京)のライブハウスと音楽の歴史 Pt.1

新宿(東京)のライブハウスと音楽の歴史 Pt.1

ライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。

「新宿(東京)のライブハウスと音楽の歴史 Pt.1」と題し、
今回は1950~1960年代の新宿の音楽の歴史について書きます。
(この頃はまだ、いわゆるライブハウスはまだほとんどありません。)

 

■1950年代

・歌声喫茶
歌声喫茶は主にアコーディオン、バイオリン、ギターの生演奏に合わせて
客全員が歌うことを想定した喫茶店で、戦後、労働運動や学生運動の高まりと共に
人々の連帯感を生む歌声喫茶(うたごえきっさ)が台頭する。
新宿に今でもあるカチューシャや灯(ともしび)も含め、最盛期には全国で100軒以上の店があった。
看板的存在であるリーダーの中にはプロの歌手として
デビューした方もいた(ex.さとう宗幸、上条恒彦)。

・ロックの誕生
1955年にビル・ヘイリーと彼のコメッツが映画「暴力教室」のテーマ曲として
「ロック・アラウンド・ザ・クロック」を発表。
全米チャート連続8週ナンバーワンとなり、新しい音楽「ロック(ンロール)」の幕開けとなる。

 

画像_新宿 ライブハウス The-Beatles
■1960年代

・ザ・ビートルズ
1962年にビートルズがイギリスでデビュー。彼らが日本の音楽シーンに与えた影響は大きい。
1967年頃から流行するGS(グループ・サウンズ)はそれの最たる例である。
まだロックバンドが市民権を得ていなかった為、バンドマン=不良という認識が強かった。
1966年にビートルズが来日し武道館公演を行う(6/30~7/2)。
音楽ライブで武道館を利用するのは前代未聞だったこともあり、
来日と武道館公演に抗議する右翼団体の猛烈なバッシングがあり混乱となる。

・ジャズ喫茶、名曲喫茶
文学や絵画などの芸術と共にモダンジャズが流行し、それによりジャズ喫茶が台頭する。
ジャズ喫茶は主にジャズのSP・LPレコードをかけ、客は鑑賞を目的として来店する形の喫茶店。
昭和初期からあったが、戦争により消滅し、1950年代に再開、1960年代に隆盛を迎える。
当時の大卒初任給が1万5000円前後だったの対し、レコードは輸入盤LPが3000~3500円、
国内盤LPが2000円前後もする大変高価なものだったので、
若者たちが一杯100円程度のコーヒーで、より沢山のレコードに触れることができるジャズ喫茶へ
足を運ぶことになり、隆盛を極め、最高に刺激的な空間となった。

「風月堂」「DIG(ディグ)」「DUG」「PONY」「ヴィレッジ・ゲート」「タロー」「木馬」などが有名で、
今をときめく数々の文化人も通っていた。

特に新宿風月堂は文化拠点として1960年頃から1970年代前半の時代の象徴的な存在だった
(ex.滝口修造、白石かずこ、谷川俊太郎、寺山修司、三国連太郎、岸田今日子、天本英世等がリピート来店)

「新宿 PIT INN(ex.日野皓正や渡辺貞夫も出演)」はジャズ系ライブハウスとして今も新宿にある。

今では想像がつきにくいが、当時の新宿の喫茶店というは音楽の発信地として重要な存在だった。

・新宿ゴールデン街、新宿2丁目
この頃の新宿ゴールデン街、新宿2丁目は文化の発信地として機能しており、多くの若き芸能人や文化人の社交場となっていた。

1968年 ライブハウス 新宿ヘッドパワーがオープン

1969年 雑誌「ヤング・ギター」創刊。フォーク・ブームが起きる。

 

新宿のライブハウスが好き過ぎる!

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517

画像_新宿 ライブハウス No Brand Girls
2017/04/03

ヴォーカリスト募集中!    No Brand Girls 新宿グラムシュタイン

No Brand Girls が9名の

ヴォーカリストを募集中!

 

音源を聞いてご興味ある方はお気軽に下記へお問い合わせ下さい!

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCSZxlVfQolz5CzawaZIb72Q

 

■お問い合わせ先(No Brand Girls ホームページ)
https://nobrandgirls0103.wixsite.com/lovelive

 

Twitter
https://twitter.com/_NBGirls

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517

画像 新宿 ライブハウス NET
2017/01/24

1/25(水)14:00~渋谷クロスFMに新宿グラムシュタインも出演します。

約1年ぶりの「ライブハウス店長回!」に新宿グラムシュタインも出演します。

お時間ある方は是非聞いてみて下さい。

 

 

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517

画像_新宿 ライブハウス 素人モデル
2017/01/09

素人モデルさん大募集!! 新宿グラムシュタイン

素人モデルさん大募集!!

 

1回限定の「撮られ方」の指導! 10名募集!

モデルスキルアカデミー代表の写真家、新井翔喜主催の企画が開催されます。

「1回限定撮られ方指導」
たった1回の指導で写真の写り方が変わります。

■写真写りが悪い
■カメラが苦手
■自分に自信がない

 

そんな方はご応募ください。指導料金は無料。

※また撮影に際しての撮影代をお支払いただくこともありません。

定員10名
年齢18〜40歳
撮影したデータを無料で差し上げます。

http://modelskillacademy.jp/index.html

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517

1 2

Category

  • アバウト
  • ニュース
  • スケジュール
上へ