新宿グラムシュタイン

出逢った皆さんのおかげです

当店について
お問合せ
03-6380-2517受付時間 13:00 - 23:00
アクセス
  • facebook
  • x
  • LINE

新宿 グラムシュタイン初期

 

グラムシュタインは「Glamorous(魅惑的な)Stein=Stone(原石)」という意味を持たせた英語と独語の造語で

ダイヤのような最高のアーティストの卵を、最期に発掘するという空想の物語のタイトルです。

綴りは過去周遊し第二、第三の故郷と認識する、ロンドンとベルリンへのオマージュ的な意もあります。

アーティスト志望であった自分に出来なかった夢を
ここで出逢うアーティストに託したいという気持ちを込めて造りました。

初期は「アミューズメントバー」という新しいジャンルのお店として
お客様が気軽に立ち寄り、お酒、グランドピアノ演奏、映像、ゲームを楽しんで頂くお店でした。

自分とスタッフ2名でオープンした初日、2日目は身内や友人が沢山来て下さって好調に見えましたが、
それも一週間もすると落着き、二週目からは閑古鳥状態となりました。

スタッフは毎晩泊まり込みで一生懸命頑張ってくれ、
新宿や高田馬場でチラシ配り、営業の電話、広告掲載などをしましたが現実は甘くはありませんでした。

自分はこれまで仕事で苦労をしたことがあまりなく、
また初めての店舗経営で、右も左も分からない状態でした。

持っていたのは今まで自分が働いた約40ヶ所の職場の中の何人かの経営者さん達の苦悩を
真横で目撃していた経験だけでした。

ただそれも、経営者さん達の良いと思うところを盗み、悪いと思うところを排除さえすれば失敗しない!
と経営を甘く考えていたかもしれません(今もまだまだですが…)。

家賃を払えず、気づけば友人から借り入れたお金は家賃2ヵ月分になっていました。

その友人も「今回が最後」と言った3ヵ月目の家賃の借り入れ。
最後と言われ「4ヵ月目の家賃は何が何でも自分で払わなければ」という気持ちと
「もうどうでもいい、店を閉めて何かアルバイトでも探そうかな」という気持ちで揺れていました。

でもせっかく始めたお店なので、やめたくないという気持ちが勝り
(今思えば)初めて必死で頑張った(だろう)時がこの時でした。

この頃には、当初のアミューズメントバーのコンセプトは崩壊していました。

理想の夜明けは人生にはなかなかやってきません。
資金が残り少ない中、一食166円の生活をしつつ、その時にできる、考え得る全ての事をやり、
4、5ヵ月目になった時に奇跡的にお店が回り始めました。

もちろん現実は甘くはなく、それからも大変ではありましたが
初めの3ヵ月よりは、随分と楽に感じられるようになり、

(全てをパーフェクトに収めることはできませんが)皆さんが納得して下さるところまで
持って行けるように 細部へ配慮をし、どんな無理難題も解決し、
思い出の一日になるようにご協力をさせて頂いています。

そして自分自身は、人の心の痛みや課題が分かる人間を目指し、日々精進し、
力を貸してくれるスタッフや関係者様、何よりも自分の未来を信じられるようになり、
より頑張れるようになったことはとても大きな収穫でした。

その当時のスタッフは今も関わってくれており、給料を滞納されても、
自身の貯金を取り崩しながら頑張ってくれたことに感謝し、そして彼らと今も縁が切れずに、
恩返しができていることを本当にありがたいと思っています。

今の自分の思い

自分は「人との関係で人生が大きく変わる性質」のようです。

人の言うことにすぐに感化されてしまう性格の為、知らないことに関してはその言葉にとても影響を受けます。

また人に頼られれば、なんとかしてあげたいと思い協力をしようします。

プライベートでは損も多いのですが、仕事ではそれを生かし

利用されるお客様がやりたいと思うことを可能な限り具現化するようにしています。

自分にとっては毎週、毎日のこと

でもお客様にとっては一生に一度かもしれないことなので

人間的成長の場にもなってくれたらと思っています。

今思えばグラムシュタインに初期に関わった皆さんと近年関わり始めた皆さんとでは

満足度、居心地が大きく異なるのではないかと感じており、

消えない過去を思うと申し訳ない気持ちも多々あります。

でも過去に囚われてくよくよせず

未来にもグラムシュタインに関わって頂けるお客様、パートナー、スタッフの皆さんに

できるだけの恩返しをしたいと思っています。

これからもどうぞ宜しくお願いします。

グラムシュタイン(プラドックス・エンターテインメント)代表:原 正治

TOP