news

News

画像 新宿 ライブハウス Marshall TSL601
2018/04/30

音(音楽)にこだわる話

音(音楽)にこだわる話

 

 

新宿のライブハウス グラムシュタインのMazaharuです。

自分はかつて音楽狂でした。学生時代は人と会う時とトイレの時以外はずっと音楽を聴いてました。

朝起きて音楽をかける、朝食は音楽が聴こえるところで、通学中はウォークマンで、授業中はイヤホンが先生に見えないように手で隠して、帰宅して音楽をかける、夕食は自分の部屋で音楽を聴きながら、風呂の時は脱衣場にスピーカーを寄せて、寝る時間も惜しんで、とにかくずっと聴いてました。

社会へ出てからも、音楽がない環境が苦しくて、音楽がある環境をいつも求めていました。

もしかしたらそれが今のこの仕事を選んだ理由かもしれません。とにかく昔から音への執着がハンパじゃなかった。

それが時間の経過と共に段々とその感覚が薄れていき普通の人になってきた感があります。

そして大人になって「こだわりって若気の至り?」と考え始め、悩んでいた時期もありましたが、また戻って来て

今のところ「好きなことは変態的にこだわる」ことは大事かなと改めて思っています。

例えばライブハウス 新宿グラムシュタインで言うと

「Marshall TSL601」というギターアンプがあり、もう長く使っているので買い替えても良いのですが、後継機種で良いものがなかなか出て来ないのと

所有したこのアンプ自体が当たりでとても良い歪み音が出るので手放さずにいます。

また「YAMAHA C-3」というグランドピアノがあり、月一程度で調律、年一でメンテナンスを行っていたり、

その他いろいろなところにこだわりがあります。

正直に言うと、それらはお客さん目線でやっていることではなく、自分がしたいからそうしている場合がほとんどです(すみません)。

その辺は音楽狂だった少年・青年時代の感覚に似ているのかもしれません。

 

ライブハウス「新宿グラムシュタイン」
住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517
http://pladox.com

Category

  • アバウト
  • ニュース
  • スケジュール
上へ