news

News

画像 新宿 ライブハウス duran duran
2014/06/15

「どれだけ好きか!」「どれだけ思い入れがあるか!」「どれだけまた聴きたいか!」

「どれだけ好きか!」「どれだけ思い入れがあるか!」「どれだけまた聴きたいか!」

 

・2014/6/15投稿 ・2018/07/6リライト済

新宿のライブハウス 新宿グラムシュタインのMazaharuです。

昨晩帰りにふと、ある古い曲のメロディーが浮かび急にこのアルバムが聴きたくなりました。


Big Thing (by Duran Duran)

皆さんはそんな時どうしますか。一昔前だと、家に帰って速攻CDやレコードを部屋の棚から漁ってきてプレイヤーで聴いていましたが、今はとても便利ですね!

駅のホームでも即座にスマホ(自分はタブレットですが)でYOUTUBEで探して聴いています。

 

このアルバム「Big Thing」はDuran Duranの1988年発売の5枚目のアルバムで大好きな1枚です。

Duran Duranは自分の世代では知らない人はいない程有名なイギリス(バーミンガム)のバンドで

これまでに通算7000万枚以上のレコード・CDを売上げ、’80~’90年代のもっとも成功したグループのひとつに数えられているそうです。

デュランデュランは1980年にデビューし2枚目「リオ」、3枚目「 セヴン&ザ・ラグド・タイガー」 で頂点を極めたと言われています。

当時のアメリカツアーのドキュメンタリー映画「シング・ブルー・シルバー」でもそのブームの凄さが感じられます。

その後、メンバーのうち2人が脱退し残った3人で、4枚目「ノトーリアス」を発表し1988年、この5枚目「ビッグ・シング」に至ります。

そのアーティストのブームが去り、流行だけではいられなくなった時、アーティストはどれほどの苦悩、プレッシャーを感じるのでしょうか。

彼らにとってこの時期はまさにそんなだったのではないでしょうか。

イギリスの音楽シーンは個性を最も重視するように見受けられますが彼らも類にもれず「昨日と違う自分を表現する」とも言っているように

彼らの音楽はとてもオリジナリティに溢れています。

「ビッグ・シング」は「人気が下がっている時期」でも「昨日と違う自分を表現する」ことを止めなかった彼らの傑作の1枚だと自分は思います。

 

この「ビッグ・シング」、当時(概ね1990年頃)中古CD屋さんで相当の枚数が出回っておりまた、安価で投げ売りされているのをよく見かけました。

自分は行く店、行く店でこの有様を見て「こんな傑作が、こんなに沢山、こんな価格で!」とかなりショックを受けていました。

でも今思うのは音楽はブームでも流行でもなく、また売り上げでもお金でもなく人々(リスナー)がその曲を

「どれだけ好きか!」「どれだけ思い入れがあるか!」「どれだけまた聴きたいか!」

ということが大切だと思います。

 

自分はこの他に大好きなアルバムで「世界で13枚しか売れていない(という噂!)アルバム」とかもあります。

皆さんも「誰がなんと言おうと、傑作だと思える最高なアルバム」をたくさん見つけて下さいね!

 

PS:ながらスマホが問題になっています。人に迷惑をかけないように注意しましょう。

 

夢をかなえるライブハウス「新宿グラムシュタイン」

住所:東京都新宿区大久保 2-6-10
電話:03-6380-2517

http://pladox.com

Category

  • アバウト
  • ニュース
  • スケジュール
上へ